特集

日本映画監督協会 会員名鑑

監督協会 声明文

映画『ザ・コーヴ』上映阻止運動に断固抗議する

私たち日本映画監督協会は、ドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』について、内容が「反日的」など一方的な主旨を理由に、一部の人々によって行われた「上映中止」に関するすべての行為に対し、強く抗議の意を表明すると共に、それらの人々には今後、上映を阻止、或いは上映関係者を威圧するような行為をいっさい止めるよう強く要請する。

七月三日より『ザ・コーヴ』の一般公開を決断した、横浜ニューテアトル、シアター・イメージフォーラム、第七芸術劇場、京都シネマ、フォーラム仙台、フォーラム八戸に対し、その公開を支持すると共に、以後、上映を予定している劇場、関係各位に対しても同様の意を表する。

『ザ・コーヴ』の内容について、疑問や事実誤認を指摘する声があることは認識している。しかし、それは本来製作者に対して向けられるべきものであり、いかなる理由があろうとも、上映を企図する者や劇場などを直接的に威圧し、上映中止に追い込むことは決してあってはならない。

このようなことが繰り返されれば、民主主義社会にとっての根幹である、思想信条表明の場が狭まり、結果的に表現の自由も失われるという事態を招くことに日本映画監督協会は断固として反対する。暴力的または脅迫的、或いはそれに類する方法で、異論を封じ込めようとする行為は、民主主義社会においては認められるはずもなく、それらの行為を決して許容しない。

私たちは、互いの主義主張に拘わりなく、一人一人の監督が自らの思想信条に従って自由に作品を制作・発表できるように、権利の獲得や、環境の向上を目指し、今もその運動は継続している。

そもそも、あらゆる映画は自由な発想と意志のもとに創られ、かつ自由に上映されるべきであり、そして然るのち、自由に、かつ理性的に批評されるべきものである。

ここにあらためて、日本映画監督協会は、「表現の自由」を侵害、あるいは、侵害するおそれに繋がるあらゆる行為に対し、断固として反対するものである。

2010年7月2日
協同組合日本映画監督協会