このページの先頭です

特集

日本映画監督協会 会員名鑑

NEWS

山形国際ドキュメンタリー映画祭2009受賞作品決定!


山形国際ドキュメンタリー映画祭2009

日本映画監督協会賞

The Directors Guild of Japan Award


叢峰(ツォン・フォン)監督

(中国)

 『馬先生の診療所』   
  


 
 選考対象  
    インターナショナル・ンペティションほか全部門から対象作品を厳選。
    ドキュメンタリーや劇といった枠を越えて映画の未来を切り拓く、
    粗削りでも、いば "尖った(とんがった)"作品を世に問うた監督に、
    正賞ロフィーと副賞30万円を贈呈する。
 
 審査員団  
    恩地日出夫委員長 金子修介 根岸太郎 山崎博子 ジャン・ユンーマン
    (50音順) 

 
 『馬先生の診療所』 
  Doctor Ma's Country Clinic
   アジア千波万波門出品作品
   中国/2008/中国語/カラー/ビデオ/215分
   監督叢峰(ツォン・フォン) Cong Feng

      甘粛省の山間にある、馬先生の東洋医学の診療所。待合室では、

      来訪者たちの話が絶えない。出稼ぎをする若者、炭坑での労働、

      都会を目指す女性たち。来訪者の声に耳を澄まし、農村に生きる

      現実を映し出す。


----**------**-----**-----**-----**---

その他、2009年10月14日の表彰式にて次の通り各賞の発表がありました。
受賞された皆様、おめでとうございます。
 
+++ インターナショナル・コンペティション +++
  
ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)
『包囲:デモクラシーとネオリベラリズムの罠』監督:リシャール・ブルイエット
 
山形市長賞(最優秀賞)
『忘却』監督:エディ・ホニグマン
優秀賞
『Z32』監督:アヴィ・モグラビ
『要塞』監督:フェルナン・メルガル
 
]特別賞
『ナオキ』監督:ショーン・マカリスター

+++ アジア千波万波 +++
 
小川紳介賞
『アメリカ通り』監督:キム・ドンリョン
 
奨励賞
『ビラル』監督:ソーラヴ・サーランギ
『されど、レバノン』監督:エリアーン・ラヘブ

特別賞
『ハルビン螺旋階段』監督:季丹(ジ・ダン)
『細毛家の宇宙』監督:毛晨雨(マオ・チェンユ)
 
+++ 市民賞 +++
 
『ナオキ』監督:ショーン・マカリスター
『ユリ 愛するについて』監督:東美恵子
 
  ..................................................................
コュニティシネマ賞
『ビラル』 監督:ソーラヴ・サーランギ
 

 

2009年10月15日(木曜日)

根岸吉太郎監督がモントリオールで最優秀監督賞

 

 カナダで開催された第33回モントリオール世界映画祭の授賞式が2009年9月7日

(日本時間8日)に行われ、「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」の根岸吉太郎監督(59)が

最優秀監督賞を受賞した。同作は太宰治の短編小説を基に、売れない小説家を支える妻を

描いた。根岸監督は「サイドカーに犬」「雪に願うこと」などで知られている。

同映画祭では、昨年「おくりびと」がグランプリを受賞した。

 

「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」公式サイト

http://www.villon.jp/

(全国東宝系 2009年10月10日公開)

2009年09月09日(水曜日)

事務局からのお知らせ

監督協会事務局宛のメールが次の時間帯で送信・受信ともできない状態

になっていました。

 

 2009年6月25日午後3時頃より

 2009年6月26日午前11時20分頃まで 

 

これは、当ホームページのサーバー移転作業に伴うもので

すでに復旧しております。

当協会事務局宛メールが送信エラーになっていましたら

お手数ですが今一度ご送信ください。

よろしくお願いします。

 

 

 

2009年06月26日(金曜日)

事務局から「お知らせ」

メール送受信障害について

2009年6月8日(月)午後6時頃より6月9日(火)午後4時15分頃まで
監督協会事務局宛のすべてのメールが受信できませんでした。
すでに原因究明され、回復しておりますが、この間にメールを送られた方は、再度送信していただきたく、よろしくお願いします。

監督協会 事務局より

2009年06月09日(火曜日)

「都立施設におけるロケ撮影の手続きを簡便化します」

東京ロケーションボックスに関する情報です。
監督協会事務局より

ロケ撮影受け入れ都庁ルールを制定しました!

東京ロケーションボックスでは、都立施設における映画・テレビドラマ等のロケ撮影に関する「ロケ撮影受け入れ都庁ルール」を制定しました。


これまで、ロケ撮影に都立施設を使用する場合、行政財産使用許可等の手続きをとるため、撮影までに相当期間を要しました。本ルールの制定により、使用許可の手続きおよび使用料の算定を簡便化し、申請から使用許可までにかかる期間を短縮します。(詳細は下記資料をご覧ください。)


なお、ロケ撮影における具体的な使用許可条件は、施設ごとに異なりますので、詳細は「東京ロケーションボックス」までお問い合わせください。

詳しくは、東京ロケーションボックスのホームページへ


http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/tlb/

2009年06月05日(金曜日)

<< 12345678910