このページの先頭です

特集

日本映画監督協会 会員名鑑

NEWS

2015年度(第56回)日本映画監督協会新人賞のご報告

トロフィー-3.jpg











2015年度(第56回)日本映画監督協会新人賞のご報告


 当協会の2015度(第56回)日本映画監督協会新人賞は、「トイレのピエタ」 で卓抜した演出力を示された松永大司監督にお贈りすることを決定しました。


今年度の選考委員 〈敬称略〉
 石岡正人〈委員長)、朝原雄三、小中和哉、原田 徹、本田隆一


松永大司監督
74年、東京都出身。大学卒業後、矢口史靖監督「ウォーターボーイズ」、橋口亮輔監督「ハッシュ!」(以上01年)、サトウトシキ監督「手錠」(02年)などに俳優として出演。その後、矢口史靖監督「ハッピーフライト」、蜷川幸雄監督「蛇にピアス」(以上08年)のメイキング監督、橋口亮輔監督「サンライズ・サンセット」(12年)の助監督、テレビ東京系「レスキューファイアー」(09〜10年)の監督を務める。性同一性障害の現代アーティスト・ピュ~ぴるを8年間追い続けたドキュメンタリー映画「ピュ~ぴる」(10年)を監督し、発表。同作がロッテルダム国際映画祭2011、全州国際映画祭2010、パリ国際映画祭2010など世界各国の映画祭に正式招待され、絶賛される。松永は手塚治虫の病床日記の存在を知った約10年前から本作の企画を始め、劇映画監督のデビュー作にしようと決意していた。その思いが見事果たされる形となり、劇映画監督の第一作目となった。  (作品公式ホームページより)

 「トイレのピエタ」公式サイト http://www.shochiku.co.jp/toilet/ 

2016年03月30日(水曜日)