このページの先頭です

特集

日本映画監督協会 会員名鑑

理事長挨拶

崔 洋一(2004~)

崔 洋一(2004~)
【プロフィール】
1949年長野県生まれ。大島渚監督や村川透監督などの助監督を経て、83年にベネチア国際映画祭に出品された『十階のモスキート』で劇場映画監督デビューを飾る。以後、『いつか誰かが殺される』(84年)など一連の角川映画を監督したほか、数々のテレビ映画を手掛け実力を開花していく。93年、『月はどっちに出ている』で53にわたる映画賞を総なめにし一躍脚光を浴びる。
96年には韓国・延世大学に留学し、韓国の近代映画史を研究しながら多くの韓国映画人と交流。帰国後、ロカルノ映画祭国際シネクラブ賞を受賞した『豚の報い』(98年)などを手がける。02年、『刑務所の中』-ブルーリボン賞などを受賞-。04年『クイール』、『血と骨』と立て続けに話題作、意欲作を世に問い、高い評価を得ている。

ご挨拶

ようこそ日本映画監督協会ホームページへ。

そもそも監督協会って何? と、思われている方もいらっしゃるかと思いますが、簡単に申し上げれば日本における唯一の映画監督(様々な映像ジャンルで働く監督・演出家も含む)のための協同組合です。かつての日本映画全盛のころと違って、監督たちが大きな映画会社の社員であったり、撮影所に所属していた時代は基本的には終わっています。つまり、みなさんが普段映画館で観る作品、また、テレビ放送されるドラマやアニメ、ドキュメンタリー、コマーシャル、パッケージ化された諸作品、そして、ネットメディアでの新機軸の作品群など、様々な表現形態が、それこそ天上に輝く星のようにある現在において、監督たちは基本的にはひとりの仕事、個人事業主であるのが一般です。

監督協会の歴史は長いのですが、先輩監督たちが、時に囁くように、時に誇らしげに良く口にするのが、1936年(昭和11年)3月1日の監督協会発会お披露目の3日前、2月25日の夜の出来事です。東京・京都の日本映画界を代表する東西の監督たちが東京神田駿河台・駿台荘に集結し、侃々諤々の議論を経て、深夜……つまり明けて2月26日に完全一致の意思統一をもって日本映画監督協会が設立同意された時のエピソードです。

歴史に興味のある方はもうお気づきだと思いますが、昭和11年2月26日とは、日本が大きく変わっていく節目の日でもあるのです。そう、戒厳令をもって収束したあの軍事クーデター未遂事件2・26事件当日だったのです。

何という歴史の巡り合わせでしょう。映画監督を生業とする者たちが否が応でも“時代”を意識せざるを得なかった瞬間から私たち監督協会の1ページが開かれたのです。

そして、80年。

日本映画監督協会は2016年(平成28年)2月26日をもって80周年を迎えるのです。

戦前、戦中の統制と統合の苦難の時代を経て、戦後監督協会は再建され今日があります。

私が監督協会に入会してすでに34年が経っています。あっという間の時の流れでした。

監督協会に入る、メリットとは? と若い監督たちから時々聞かれることがあります。また、私自身も折々に考えることなのですが、回答はいつもシンプルです。それは、仲間がいることの強さです。いろいろな衆知が様々な個別の問題に対応できる柔軟な姿勢を作ることの強さです。思潮に流されず、固有の思想を持ちながら550余人の旗頭が基本的な権利を獲得するために集っている強さなのです。

映画監督とは、少なからずのスタッフ、キャストを束ね、なおかつ、自己表現へのこだわりを持ちながら、多くの共同作業の頂点でもあるからこそ、「監督」と名称され映画表現の軸そのものであることは周知のことです。 それは、自然人(この地球において生きる権利を有する人間)として自らが自らの存在を知り、探求すること。これを監督協会の理念として言葉に置き換えれば、著作権の確立、擁護、そして、表現の自由、となります。

これは、あまりに明快なことなのですが、信条や感情の集積として思想があり、なおかつ、それを他者=観客に伝えることを専らとする映画監督という職業が基本的に保有すべき権利だと言うことです。

しかし、現行著作権法上では、著作者としては認められているが、その権利は無い(著作権法29条)となっています。

何やってるんだよ監督協会はさ、との声が聞こえてくるようで苦笑ですが、今はステークホルダー(すべての利害関係者)に積極的に働きかけ、同じテーブルで真摯に議論を積み重ねるべく努力をしているところです。

その本意は、世界の映画界の構造変化や続々と登場する新メディアに対応していくには今までの製作者対監督、という二極化された構造ではなく、お互いの利益を公平に追求すべきが映画の発展、振興に繋がるカウンター・ヴァランスという概念に立つべきだと考えているからです。

80周年を迎えることとは、映画・映像の担い手そのものである監督の限りなき前進をしっかりと刻みこむ大きな節目となるでしょう。

さらなる皆様のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願いして、ご挨拶とさせていただきます。

2015年5月吉日
日本映画監督協会理事長 崔洋一